商業出版 支援

ブックコンサルタントとインターネット


インターネットの普及によって出版業界はどのように変化したのでしょうか。
大きな変化はブログです。
誰でもが自由にブログを作ることができますから、小説やエッセイなどを書いているのです。
もちろん、自己満足の世界ですから、直接出版されることはありません。
そこで、ブックコンサルタントが活躍する舞台があるのです。
つまり、自己満足で終わっていたブログを書籍にしませんかと言う企画をサポートするのです。
単に本にすると言うことではありません。
本を出すことで会社の宣伝にもなります。
仕事がスムーズに進む起爆剤としての利用を考えるのです。
ブックコンサルタントは出版社と著者の間を取り持つことで、自分の人気を高めることができます。
ブックコンサルタントの比較は手掛けた本の数なのです。
もちろん、ベストセラーを出版できたら、件数の比較以上に知名度を上げることができるでしょう。
出版をするためにはどうすればいいのかと言うノウハウを教えてくれるセミナーを開いている人もいます。
いずれにしても、インターネットでの情報が出版を大きく動かしているのです。
インターネットの登場で、紙媒体がなくなると考えられていた時期もありますが、それは大きな間違いでした。
インターネットによって紙の出版物が増加しているのです。
一生に一度は誰でも出版をしましょうと言う宣伝もあります。
そのためには費用がかかります。
自分が書いた本がベストセラーになると思う人はいないでしょう。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823354

この記事へのトラックバック