商業出版 支援

ブックコンサルタントになる


自分で本を出したいと思っている人は少なくありません。
ただ、どうやって出せばいいのかわからないでしょう。
文章を書くことと出版することは全く違うからです。
ブックコンサルタントと呼ばれる人たちは、書籍を出したいと思っている人と出版社をつなぐ役割を果たします。
もちろん、単なる橋渡しではなく、より効果的なタイトルや販売戦略もアドバイスしてくれるでしょう。
そんなブックコンサルタントになりたいと思っていますか。
ブックコンサルタントはたくさんいますが、彼らを比較してみると、いくつかのことがわかります。
出版社で長年培ってきたノウハウを活かして、出版を希望している人のサポートを使用と考えている人、出版など考えていない人にどのような書籍を出せば意味があるかを説明している人などです。
単純な比較をしても、どのブックコンサルタントがいいのかわかりません。
ただ、世の中は誰でも出版を考えているのだそうです。
特に会社の経営者であれば、一度は出版すべきだと言われています。
出版によって社会的知名度が上がり、企業の業績アップに貢献できるのです。
このような話を聞いて、あなたはどう思いますか。
もともと、文章力がある人でなければ、書籍を出すことは考えないでしょう。
ブックコンサルタントは多くの人に出版をすすめています。
セミナーなどでは誰でもが出版すべきだと説明されているのです。
あなたが書籍を出すとしたら、どのようなテーマで書くことができますか。
すでに本屋さんに並んでいる書籍と比較して売れそうな本が書けますか。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823353

この記事へのトラックバック