商業出版 支援

ブックコンサルタントの情報


カリスマ的ブックコンサルタントが多数存在していると言われています。
実際に書籍を書いている人ではなく、その書籍の出版をプロデュースしている人です。
ブックコンサルタントは自分が書籍を出すのではなく、書籍を出したい人へのアドバイスをする仕事です。
出版社に勤めている場合もありますが、ほとんどは元出版社の社員です。
プロデューサーとしての仕事だけで独立した人たちです。
ブックコンサルタントになりたいと思っている人もいることでしょう。
他の職業と比較して、何となく表舞台に近いと言う気がするのでしょうか。
もちろん、自分が出版業界に携わっていたいと思っているなら、まず情報を収集しましょう。
ブックコンサルタントがどのような仕事をしているかを知ってください。
ブックコンサルタントとして有名な人は比較的少ないのです。
どれだけ出版物をプロデュースしたとしても、それ以上ではありません。
ブックコンサルタントが注目を集めているような気がしている人もいるでしょうが、それは自作自演に近いのではないかと考えられます。
もちろん、ブックコンサルタントがいなければ世に出ていない出版物もたくさんあります。
ただ、誰でもが出版を考えているというのはどうでしょう。
宣伝効果はありますが、それが大きな飛躍につながるとは限りません。
あまり多くを期待してはいけないのです。
インターネットに出てくる情報はすべてが真実ではありませんから、そのような視点で見ることが大切です。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823350

この記事へのトラックバック