商業出版 支援

ブックコンサルタントと企画


出版の方法を知ることで、自分でもベストセラーを作り出すことができる時代となりました。
もちろん、自分だけでできるわけではありません。
そこでブックコンサルタントが登場するのです。
ブックコンサルタントはたくさんいますから、それぞれを比較してみることが大切です。
ただ、極端に異論を唱えているブックコンサルタントはいません。
同じようなことを言っています。
ブックコンサルタントは企画力や宣伝力が重要です。
現代において注目されるであろう書籍を企画するのです。
自分が出した本は、他の書籍と比較されることになりますから、どこかに特徴を持っていなければなりません。
これまで誰も書かなかった点が重要なのです。
ブックコンサルタントは多くの情報を持っています。
居間読者が求めているのはどのようなことなのかをいつも考えています。
作者は文章を作ることに一生懸命になっていますから、周りのことが見えていません。
周りのことはブックコンサルタントが面倒を見てくれると考えています。
ただ、出版塾などでは出版の方法は教えてくれますが、手助けをしてくれるわけではありません。
つまり、自分ですべてをやらなければならないのです。
もちろん、難しいことではありませんが、ポイントを押さえておかなければなりません。
ブックコンサルタントの力量によって、出版物の人気が違ってくることは確かです。
自分の本ができるだけ多くの人の目に触れてほしいと思うなら、プロデューサーを選ばなければなりません。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823346

この記事へのトラックバック