商業出版 支援

ブックコンサルタントと著者


ビジネス書はいろいろな人が著者となり、多くの反響を得ています。
その立役者がブックコンサルタントです。
文学書などと比較するとビジネス書は軽く見られることも多いのですが、実際に売れているのはビジネス書です。
ただ、内容が良ければいいと言うことではありません。
ブックコンサルタントのアドバイスを受けて、売れるための戦略を考えなければならないのです。
ブックコンサルタントの多くは元々出版業界やその周辺で仕事をしてきた人ばかりです。
つまり、出版の基本がわかっているのです。
その上で、売上が多い書籍を見てきたのですから、どうすれば売れるかを知っています。
実用書は内容的には専門分野に偏っています。
それでも読む人はいるのですから問題ないのです。
大手出版社が個人の作品を簡単に取り上げてくれるわけはありませんから、その間にブックコンサルタントがいるのです。
自分のことは自分ではよくわかりません。
客観的な視点が必要です。
ブックコンサルタントは客観的にあなたの本の魅力を引き出してくれます。
装丁や宣伝のやり方によって、書籍の注目度は変わってきます。
そんな単純なことさえ普通の人は知らないのです。
ブックコンサルタントは自分が手掛けた書籍をどれだけ持っているかが実力を測ると考えています。
著者とのコンタクトを密にして、本人も知らない著者の良さを前面に出してくれます。
ブックコンサルタントを比較する時、話し上手であること、相手を引き付ける魅力があることは重要です。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823344

この記事へのトラックバック