商業出版 支援

ブックコンサルタントと売上


現代の出版は企業の宣伝道具として有効と考えられています。
そのためブックコンサルタントが企業の経営者に出版を働きかけているのです。
経営者が自ら書いた書籍を読んだ人は、その内容に賛同して商品を購入するようになるのです。
もちろん、そのためにはしっかりした書籍作りが重要となります。
それがブックコンサルタントの役割です。
ブックコンサルタントを比較しているサイトはありませんが、ブックコンサルタントがブログなどで述べていることをよく読んでみましょう。
出版によって、単なる自己満足から多くの人への宣伝となるなら、お金をかけたとしても費用対効果はかなりよいでしょう。
売り上げが30%も伸びた企業もあります。
また、経営者による講演会では、書籍の内容を補足したり、実例を提示したりすることでさらに知名度を上げることができます。
もちろん、全国展開をしている企業でなければ、限定された地域で読まれる書籍で構わないでしょう。
経営者として何を考えているか、会社のため、社会のために何ができるかを文章にするのです。
インターネットのブログでは思っていることを確実に伝えることは難しいでしょう。
連載をしても、その一部だけを読んでいる人がほとんどだからです。
書籍であれば最初のページから読み進めます。
そして自分が求めている内容かどうかを知るのです。
もちろん、感想を誰かに述べることはありません。
それでも他社と比較して、あなたの会社の商品を気に入ってくれるでしょう。
読む人の気持ちになって書くためにブックコンサルタントの知恵が必要となります。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823343

この記事へのトラックバック