商業出版 支援

ブックコンサルタントの役割


あなたが本を出版するためには出版社が必要です。
本を出したいと思うなら、ブックコンサルタントに相談することが現実的です。
出版のためのことを熟知しているのがブックコンサルタントだからです。
インターネットで調べてみると、ブックコンサルタントの多くはブログを書いています。
出版セミナーなどを開いており、どうすればスムーズに出版までこぎつけることができるのか、売れる本とはどのようなものかを教えてくれます。
残念ながら、セミナーに参加しただけですぐに出版が叶うわけではありません。
もちろん、自分でお金を出す自費出版ならいつでも簡単でしょう。
ただ、そのためにはお金が必要です。
少数部数の出版物であれば、一部の人だけに配るか、買ってもらうことになります。
多くの人に呼んでもらうことは難しいのです。
出版に関するブログを読んでいると、誰でも簡単に本を出せるような気がしてきます。
経営者なら誰でも出版すべきだと言う言葉もあります。
出版した内容ではなく出版することに意義があるのでしょうか。
本を比較して、どれが面白いか、役に立つかはわかります。
自分の文章をチェックしてみましょう。
実用書であれば自分の知識だけで書くことができます。
パソコン関連、携帯関連なら知っていることが多いのではないでしょうか。
ブックコンサルタントを比較しているサイトはあまりありません。
それはブックコンサルタントの活動範囲が限られており一般の人はセミナーや塾で接するだけだからです。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823340

この記事へのトラックバック