商業出版 支援

ブックコンサルタントの特徴


あなたはブックコンサルタントと言う職業を知っていますか。
あまり表舞台に登場することはなかったブックコンサルタントですが、最近では多くの人が自分たちのプロデュースをアピールするようになりました。
出版社は本を製作して販売する会社であり、作家は本の元となる原稿を書く人です。
その間を取り持つのがブックコンサルタントの役割です。
現代においてはプロデュースすることの意義が強調されるようになりました。
それはどんないい作品を書いたとしても、誰かに教えなければ本として世に出ることはありません。
また、宣伝のやり方によっては大きな反響を得ることができるのです。
それがブックコンサルタントの手腕と言えます。
昔の出版業界と比較するとわかりやすいのですが、作家が世に出るためには新人賞や芥川賞などの募集に応募するしか道がありませんでした。
もちろん、ちょっとした雑誌に投稿していた人が、出版社の目に留まるケースもありました。
しかし、それらはごくわずかであり、一握りの作家だけがたどった道です。
また、せっかくいい本を書いたのに売れ行きが悪いと言うケースもあります。
ブックコンサルタントにもたくさんの人がいて、それぞれを比較すると販売までのアプローチの違いが見えてきます。
また、出版塾などを開いている人もいます。
出版塾とは小説家を目指している人に、どうすれば世に認められる本が書けるかを指南してくれるところです。
小説そのものはあなたが書くのですが、それをどうやってアピールするかと言うことでしょう。
posted by ブックコンサルタント@山田 at | ブックコンサルタント 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112823337

この記事へのトラックバック